プロジェクトについて

プロジェクトについて

私たちは、

みんなで「仕組み・場所作り」をすることで
子どもの貧困を無くしていきます。

私たちは、「仕組み・場所作り」を通じて、栃木県の子どもの貧困を無くします。

例えば、人口52万人の宇都宮市の子どもの貧困がなくなるには、

子ども食堂415か所(現在数4)、無料学習支援98か所(現在8)、居場所/もうひとつの家14か所(現在1)、

フードバンク食品623トン(現在12トン)、資金5億4000万円が必要です。

 

でも、すぐには達成できません。そこで実現可能な目標を設定しました。

基本方針は、

①子どもが1人で行ける範囲にある。

②たくさんの大人が関われること、身近で安心な地域になること。

③親・先生以外に「相談できる人」がいる。

 

 このことから、

「宇都宮市内25地区(概ね中学校の範囲)に子ども食堂、無料学習支援、居場所/もうひとつの家、フードバンクのセットを作る」ことを目標としました。


子どもたちの食を保障する場です。また、食事を通じて親以外の地域の大人と出会う場にもなります。

お金の有無に関係なく、子どもたちが学べる場所を提供し、勉強を通じて将来に希望をもてる応援をします。

お兄さん・お姉さん、会社員、おじさんおばさんなど、誰でも学習支援ボランティア&人生の相談相手になれます。


子どもたちが安心して頼れる居場所を作ります。学校帰りに宿題・夕飯・お風呂・・その後に家に帰る〝もうひとつの実家〟〝親戚の家〟を目指します。子育てに困っている親のサポートをします。

寄贈いただいた食品を、食べ物に困っている子育て家族に届けます。


 

 

 

 

目標数は

ケアつき子ども食堂(学習支援つきの子ども食堂)25か所、

居場所/もうひとつの家 5か所(5地区に1つ)、

フードバンク 5か所(5地区に1つ)・・・

を目標としました。

資金2億670万円

ボランティアのべ31,200人

この対策により(宇都宮の)子どもの貧困の50%がなくすことができると考えています。

 

 

【めざせ全県】 今年(2018)調査中の大田原市でも11月には目標設定、年度内には集め・作るプログラムを実施していきます。

【調査地域募集】次年度(2019)から調査をする地域も募集しています。>詳細はこちら

 こうして栃木県全体の子どもの貧困がなくなるための 調査 ⇒ 目標設定 ⇒ 集め・作る を実行します。

 

プロジェクトのこれまで

プロジェクトのこれまで

ダウンロード
子どもの貧困調査報告書(宇都宮2017/10/15)
宇都宮の子どもの貧困がなくなるには「何が、どれだけあればいいか」の推計値です。目標値も出しています。
1015調査報告●.pdf
PDFファイル 2.4 MB
ダウンロード
2017年度活動報告書・決算書
2017SUNSUN報告・決算.pdf
PDFファイル 910.1 KB

【2018年】

11/16●子どもSUNSUN発起人25人達成! (1人10万円の寄付)目標まであと75人。 

11/10●第2回 定期円卓会議。参加16人。「教育から見える貧困」ゲスト関さん(元校長先生)

8/11●第1回 定期円卓会議。参加25人。

7/22●子どもの貧困撃退♡円卓会議(大田原)第2回。参加者30人。大田原の子どもの貧困数は1600人と判明。

6/16●子どもSUNSUNプロジェクト総会・発足式。参加98人。基調講演は湯浅誠さん。

5/27●大田原市でも子どもの貧困撃退♡円卓会議を開始。参加45人。

3/3●子どもの貧困撃退♡円卓会議(宇都宮)最終報告会。参加45人。

【2017年】

12/23●子どもの貧困撃退チャリティ「サンタdeラン&ウォーク」。サンタ200人参加、志金400万円

12/16●公開シンポジウム「あなたの知らない子どもの貧困の世界②」を実施。150人参加。

10/15●円卓会議「中間報告会」を開催。子どもの貧困を撃退するためにボランティア3万2000人、子ども食堂415か所、必要な志金 5億4000万円必要と判明。

 9/23●公開シンポジウム「あなたの知らない子どもの貧困の世界①」を実施。130人が参加。

8~10月●チーム会議で子ども食堂、学習支援、フードバンク、就労支援で必要数と資源を算出。

7/16●子どもの貧困撃退♡円卓会議「旗揚げ会議」を開催。子どもの貧困の実態を(子どもの居場所、行政、学校、当事者から)発表。プロジェクトの骨組みも公表し必要な支援を話し合う。

5~6月●世話人会議を開催。どう進めるかを話し合う。「支援方法、数」等プロジェクトの骨組みをつくる。

4/23●プレ円卓会議を開催。17人参加。山口県の事例を聞き、栃木県でもはじめることを合意した。


ご支援いただいている皆様

ご支援いただいている皆様

子どもSUNSUNプロジェクト発起人寄付

(現在:25/100人)

竹之木進 肇さん

㈱ル・リオン社長

♦子どもの未来は、私たちの未来。地域で生きる会社の未来です。

林 香君さん

陶芸家

♡上質な体験をわれわれ大人が創出する。心を動かす出逢いを与えることで、スパイラルを逆回転できる。心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くす。

子どもは未来の宝です。

中澤 浩平さん

弁護士

♠社会も人生も支え合いの上に成り立っていることを、迂闊にも中年を過ぎて思い知りました。生まれてきて良かったと誰しもが(動物も)感じられる社会になれば良いと思います。

村井 邦彦さん

村井クリニック院長

♥子どもたちに夢と希望を与え、教育格差を縮小する。それは将来の社会的な健康格差をなくし、社会全体の幸福を増やすと確信しています。地域社会全体で取組みましょう。

星 俊彦さん

(認定NPO)青少年の自立を支える会・理事長♡


鷹箸 孝さん

とちぎYMCA理事長

♣私の大好きなアサガオ。花が元気よくきれいに咲くには、朝の光に先立つ夜の冷たさと、闇の深さが大切なのです。「さあ、青空に高く大きく手を広げよう!」

関口 真紀さん

栃木保健医療生協・理事長・医師

♥子ども時代の社会環境が一生の健康や幸せな人生を送れるかどうかに深く関わることを考えると、このプロジェクトの意義はとてつもなく大きいです。

水上直人さん

 さつきホームクリニック

子どもが安心して暮らせるまちは、誰にとっても安心して暮らせるまちだと思います。一人一人ではなく、まち全体で支える仕組みづくりが必要です。皆で創り上げていきましょう。

徳山 篤さん

フードバンク宇都宮

♦少子化なのに大切に育てられていない子どものケースをみることが多いです。子どもは社会の宝だと思って社会がきちんと育てる意識にならないと老後が不安で眠れません。他人の子にも関心もって、必要な時はおせっかいしましょう。

福田 雅章さん

児童養護施設 養徳園・総合施設長

♡子どもの育ちが危機です。この背景には、子どもを取り巻く大人同士の関係の希薄化があります。地域の大人たちが、子どもと質の高い関係を作っていくことが肝要です。


宮本 進さん

栃木保健医療生協・常務理事♡「格差社会」の現状が知られていますが、格差は解消するばかりか、ますます拡大しています。その影響が、「子どもの貧困」として現れ、子どもたちを苦しめています。

子どもは社会の宝。社会全体で守らなければなりません。まずは、気づいた大人たちが行動を起こしましょう。それが、社会を突き動かす一歩です

廣瀬 隆人さん

とちぎ市民協働研究会・代表理事♥とちぎの子どもが泣いている。

とちぎの子どもがお腹をすかせている。

とちぎの子どもがお風呂に入れない。

とちぎの子どもが学びたいと言っている。

とちぎの子どもが愛情不足で泣いている。

とちぎの子どもに暖かいご飯を食べさせたい。

とちぎの子どもに想いを伝えたい。

とちぎの子どもの笑顔をつくりたい。

とちぎの子どもに10万円分の愛を贈ろう。

とちぎの子どもに愛は届きます。

中野 謙作さん

栃木県若年者支援機構・理事長(いろどりハウス)♡

塩澤 達俊さん

(公財)とちぎYMCA総主事♠

菊池 順子さん

(認定NPO)とちぎボランティアネットワーク職員♥寄付者が集まってうれしい~。とちぎに仲間がいっぱいで一緒に何とかしようと広がることを期待してます。是非仲間になってください。


荻津 守さん

済生会宇都宮病院・MSW

♦今、支援の届かない子どもたちが沢山います。子どもたちの未来に力を結集し頑張りましょう。

本気の大人が必要です。

赤堀 和彦さん

栃木県保健医療生協・専務理事

♠子どもを貧困から守ることは、日本の将来を守ることにつながります。今、私たちができることをみなさんと一緒にチャレンジしていきましょう!

髙橋 昭彦さん

ひばりクリニック院長/(認定NPO)うりずん・理事長

ご飯をちゃんと食べ、友と遊び、勉強し、お風呂に入って寝る。そんな暮らしが当たり前ではない子どもたちが増えています。子どもと私たちの未来のために、すべての子どもが当たり前に暮らせる社会を目指しましょう!

矢野 正広さん

(認定NPO)とちぎボランティアネットワーク理事長

宇都宮のみんなで、なんとかする子どもの貧困。皆でやらないとなくなりません。

金井 光一さん

(NPO)チャレンジド・コミュニティー理事長♥明るい未来は子どもが作ります。その子どもを支援する義務は

大人にあります。大人がしっかり子どもを支援しましょう。


小澤 勇治さん

フードバンク宇都宮

♣子どもが安心して豊かに暮らして成長できる社会は全ての人が生きることができる社会です。

 生きづらさのある今を子どもの視線で見つめ直していきましょう。

檜山 光司さん

フリー・ソーシャルワーカー♡人は生まれたとき、全ての可能性を持っています。環境に左右されず、能力を発揮できるしくみが求められています。

   

 

 

 

竹内 明子さん

(社福)ふれあいコープ理事長♡

崎谷 徹夫さん

(社福)ふれあいコープ♡

針川 佐久眞さん

栃木保健医療生協経営アドバイザー♡子供は未来の宝です。微力ですが、お手伝いできる機会を得たこと大変感謝しています。助け合いの社会の柱に育つようにと願っています。


   

 

 

 



子ども食堂応援団

現在:1人/100人

 

 

小川暢子さん

♥ささやかですが、子どもの応援団になります。



子どもSUNSUNメイト

現在:23人/1000人

並木 健さん

並木 孝夫さん

中田 英幸さん

木村 雅子さん

戸部 浩子さん

水上 直人さん

大澤 里香さん

塩澤 達俊さん

中澤 浩平さん

齋藤 路子さん

吉澤 亮子さん

星宮 有子さん

千嶋 巌さん

princess優雅さん

武井 大さん

西岡 隆さん

福田 郁さん

松原 靖子さん

松江比佐子さん

半田昌市さん

日下部 実さん

佐藤 洋さん

畔柳 世津子さん

 

 

 


協力団体

協力団体

運営事務局

とちぎコミュニティ基金

協力団体

認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク
とちぎYMCA
栃木県若年者支援機構

トチギ環境未来基地
うりずん
青少年の自立を支える会

だいじょうぶ
サバイバルネット・ライフ
ほほえみ子ども食堂・はなえみ子ども食堂

サバイバルネット・ライフ

協力基金

たかはら子ども未来基金
とちぎゆめ基金事業助成
花王・ハートポケット倶楽部地域助成・栃木地区

現状と課題を知る

現状と課題を知る

寄付で参加する

寄付で参加する

ボランティアで参加する

ボランティアで参加する

会議やイベントに参加する

会議やイベントに参加する

自らの地域で
プロジェクトを立ち上げる

自らの地域でプロジェクトを立ち上げる